バカでもわかる20代 × 仕事のメディア

ペン回し連盟理事がペン回しの魅力を熱く語る@2017年三田祭

 

 

こんにちは!DARSです!タコペッティさんに前編ではTwitterフォロワー数を増やした方法や大学生活のオススメの過ごし方のなどについて熱く語って頂きました。前編はコチラ。予告通り後編では今タコペッティさんが一番熱中しているペン回しについて聞いてみます。

前半では触れていませんでしたが、今回のタコペッティさんに対する取材は三田祭で行われたのです。26歳のDARSが1人で大学生の文化祭に行くというなかなかレアな体験でした。しかもDARSは明治大学卒業なので、三田祭へ行くこと自体に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。背伸びしてすいません。

 

 

ペン回し研究会を訪れてみると、華麗にペン回しをしながらタコペッティさんたちが迎えてくれました。(タコペッティさんは一番右)

 

 

ペン回しをみたところで早速ペン回しについてのインタビューをさせて頂くとしましょう。

 

−−当たり前かもですが、ペン回しめちゃくちゃ上手いですね。どのくらい練習してたんですか?

中学生の時にペン回しにハマりました。友人が授業中にペン回しをやっているのを見て、ググったら神動画ドットコムというサイトがあったんです。そこを見ながら技を研究してました。その後はフリースタイルを自分で組めるようになりました。大学時代は時間の1割をペン回しに使っていましたね!

 

−−結構歴も長いんですね。模造紙見ましたがペン回しでメディアに出演された実績もおありなんですね!

そうなんです。ペン回し研究会は2009年に発足されましたが、私が入った頃にメディアに対する営業活動も始めたんです。陽の当たらないサークルに目を向けるみたいな企画で出させてもらったことが多いですね。実績はこちらの模造紙に赤字で書いてあります。

 

 

 

−−笑っていいとも!に月曜から夜更かしに凄いですね。テレビをあんまり見ないけど知っている番組ばかりです。タコペッティさんの活動って相当面白いので、周りも面白い人が多いんじゃないですか?

そうですね。予備校時代の友達にお笑い芸人がいて、どっちの活動が先にバズるか対決してます(笑)あとは慶応の友達では、“遊びを仕事にしたい”という動機から千葉の山奥で村づくりをやっている人もいます。お互いの活動も相談できるんで面白いですよ。あとペン回しを極めるために大学辞めた人もいます(笑)

 

–想像以上でした!(笑)今度Q-SHOCKに載って欲しい方ばかりですね。少し話は戻りますが、ペン回しのどんなところが魅力ですか?

今自分はブログでもお金を稼いでますけど、ブログってやっている人がたくさんいますよね。だからノウハウも調べればそれなりにわかるんです。対して、ペン回しはまだ市場ができていないんです。ですから、何が正解か分からないんですよ。それってめちゃくちゃ楽しくないですか?市場をゼロから作っていける感じです。あと、これから10年後くらいには人間が暇になります。暇になった時に人間がやることって娯楽が多いですよね。娯楽産業であるペン回しの市場に大きな可能性を感じています!

 

−−なるほど!ペン回しで売上ってどうやってあげるんですか?

動画・イベント・ペン回し教室などですね。でも面の間はイベントや動画で発信をたくさんして信用を作っていきたいですね。前編でも話しましたが、信用はいずれ資産になるので。三田祭へメンタリストのDaiGoさんにも来て頂いてとてもありがたかったです。

 

−−どんどん活動が拡散されていきますね。さすがです。インタビューありがとうございました!最後に一言お願いします!

こちらこそありがとうございました!みなさんツイッターフォローしてください!コチラです。

 

 

いかがでしたでしょうか。小学生〜高校生って授業中にスマホいじったりすることができないので、そこでペン回しを覚えますよね。授業中に娯楽を探している人って、大半は学校の授業が簡単でつまらないと感じている人が多い気がします。なので、タコペッティさんをはじめ、頭が良い方が多いんだろうなと思ったDARSでした。今後ももっとたくさんの面白い人に取材をしていきます。

by

大手人材会社で3年間、法人営業経験。人材業界っぽくない人材とよく言われます。趣味はネットサーフィン・お酒・プロ野球観戦です。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です