バカでもわかる20代 × 仕事のメディア

盛り上がりを見せるハロウィンについて調べてみた 前編

こんにちは!DSKです!
そろそろハロウィンが始まりますね。DSKは恐れ多くて仮装をしたことありませんが、4年前にたまたまハロウィン当日の渋谷へ行きましたが、街がとんでもない盛り上がりを見せていたことと当時入社予定の会社にいる女性の先輩が露出度激しめな仮装をしていて、SHOCKを受けたことが記憶に新しいです。今年のハロウィンは10月31日火曜日ですが、10月28〜29日が土日なので、そのタイミングでハロウィンイベントを楽しまれる方も多いのではないかと思い、ハロウィンについて調べて自分なりの砕けた見解をまとめてみました。

そもそもハロウィンとは?

毎年10月31日にコスプレや仮装をして街中を歩くことが日本ではここ数年で当たり前の光景になってきたように思いますが、そもそものところを見てみましょう。

ハロウィン、あるいはハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

「Trick or treat!!」(訳:お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)という言葉は有名ですが、ハロウィン当日の繁華街は、いたずらしそうな見た目をした人たちが集まってますよね(笑)

こんな感じ?w

純粋なDSKは一つこんな仮説を考えました「みんないたずらめちゃくちゃしそうな人だから、いたずらされる側の人たちはたくさんお菓子を用意する。だからハロウィン市場は盛り上がって来ているのではないか?」そこで、ハロウィンの市場規模について見ていきましょう。

※一部茶番がありすいません(笑)

 

ハロウィンっていつから盛り上がってるの?市場規模推移を見てみる。

 

参考:日本記念日協会による推計

 

予想通り、ハロウィン市場は年々増加傾向にあります。6年前と比較すると3倍近くも伸びている市場なのです。諸説ありますが、ハロウィン市場は2015年〜2016年にバレンタインの市場を抜かしたようです。今年(2017年)は10/22の衆院選前にテレビをはじめとしたマスメディアでハロウィンではなく、衆院選の話題が多かったため、昨年(2016年)よりも市場規模が少し小さくなるのではと言われていますがとてつもない勢いです。マクロミルの調査によると、バレンタインでは女性の80%がチョコレートを購入しています。それを上回る市場規模ってとんでもないことですよね。(男性の私としてはたくさん美味しいチョコレート欲しいので、バレンタインにも頑張って欲しいです)

上記のグラフを見ると、2012年〜2013年でハロウィン市場が盛り上がっていることがわかります。しかしなぜそれが起きているか気になりますね。もう少し深掘りして探っていきます。

 

ハロウィン市場すごいけど何にお金使うの?

今の日本のハロウィンと言うと、真っ先に思い浮かぶのが渋谷をはじめとした繁華街で仮装をしている若者ですよね。しかし、ハロウィン市場がどのような内訳で構成されているかを調べてみると、面白い結果が出てきました。

 

ハロウィン商品の購入意向に関する調査 出典:https://www.macromill.com/honote/20170919/report.html

 

もちろん、両方買っている人も多数いるのでしょうが、筆者にとっては少し意外な結果でした。冒頭に触れた本来のハロウィンの意味合いから考えた場合、下記の定義が成り立ちます。

 

飾り付けグッズ・仮装グッズを買う人=「お菓子をあげないといたずらしちゃうぞ!!」と相手を威圧する人

ハロウィン限定のスイーツやお菓子を買う人=「お菓子をあげないといたずらしちゃうぞ!!」と言われてお菓子をあげる人

 

アンケート調査を見ると、お菓子を買う人ばかりではありませんか。この結果をもとに「日本人はドMなのではないか!?」という説が出てきます。お菓子をあげる人の多くは女性なので、女性にいじめられることが楽しいイベントとしてハロウィンが盛り上がっていることも考えられるのです。

そう考えてみると筆者もハロウィンイベントに出かけてみたくなりました(笑)

少し話がそれましたが、限定のお菓子や外食メニュー、仮装・飾り付けグッズからハロウィン市場が成り立っていることが考えられます。しかし、なぜここ数年でこんなにもハロウィンが盛り上がりを見せたのか。ここまでは探りきれていません。後半ではいくつかの仮説をもとに検証していきますので、お楽しみに!!

 

 

by

大手人材会社で3年間、法人営業経験。人材業界っぽくない人材とよく言われます。趣味はネットサーフィン・お酒・プロ野球観戦です。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です