楽しく働く人を応援するメディア

DSKに直撃!ダメ営業からトップになるまでの道程

Q-SHOCKをご覧の皆さん、こんにちは!

最近インタビュー記事が人気なので、今日はDSKにインタビューをしてきました!
砕けた文体のDSKですが、どんな働き方をしてきたのか探っていきましょう!

 

–前職はどんなことをしていたの?読者さんに伝わるようによろしく!

大手人材企業で転職サイトの営業を3年間していました。

もともと人材に興味があって、もともとリクルートさんに興味があったんです。

そもそもなんでリクルートに興味があったのかというと起業家を多く輩出していたからです。

 

そのあとに、学生時代には、国会議員の秘書をしていたんだけど、そこで、学生インターンの採用をしていて人と仕事のマッチングが楽しいんじゃないかって思い始めました。実際に自分が採用した人がその場で活躍してくれたりすると、本当に嬉しいしやりがいがあったから。

 

 

−他はどこを受けたの?

リクルートがやってることってどんな事業なのかって調べて見ると、人材事業の売り上げが半分以上を占めていたので他の人材系も受けました。

マイナビ、インテリジェンス、JAC、などなど大手人材会社はほとんど受けました。

 

 

–色々と内定をもらった中で前職に決めた理由ってなんなの?

行った理由は大きく分けて2つあって、会社の考えに共感したから。もう1つは、働いている人に魅力的な人が多いから。仕事に対して前向きなところに惹かれた!後は雰囲気す!フィーリング!w

 

 

–実際に働いてみてためになったこと。

営業は売り上げ目標が与えられるので、そこに達成するためにはどうしたらいいのか考えることで、やり抜く力が身につきました!

 

 

ー1年目とかどんな社会人だったの?

1年目の時には、求人広告に掲載する顧客の新規開拓をすることがメインミッションで1日電話100件くらいかけてアポを取っていって、採用の話がああったら、提案、受注という流れでした。

でも、初受注をしたのが同期の中で2番目に遅かったんだよw正直めちゃくちゃ焦りましたねw

なんでそうなったのか振り返ってみると、運が悪くて、自身に愛嬌がなかったということが原因だと思います。

 

 

ー意外だねw

そうですかwまぁあの時はある意味人生初の挫折だったかもしれませんね!

 

 

ーどうやって立ち戻ったの?

割り切っていた部分があって、当時売れた人は、一部を除いて可愛い女の子だったんですよね。

だから遅咲きでも良いから、別の道で売れる方法があるんじゃないかって考えてそれを模索し続けてました。

 

 

ーなるほど。

ちゃんと続けていればいいことあるんじゃないかな。って思っていました。

挫折して辞める人はダサいと思ったからシコシコ続けていた感じですね。

 

ーいつ目標を達成したの?

1年目の12月に初達成してから、以降ずっと達成し続けていました。

 

 

ー仕事の内容は変化したの?

1年目は、新規のお客さんで年に数回の採用をしているところ。つまりリテールマーケット・小口と言われるお客さんでした。

2年目の前半には、それをやりながらも、会社の中で2、3番目くらいに大きいお客さんを課長クラスの先輩から引き継ぎました。

2年目の後半は採用にお金めちゃ使っているけど、まだ取引がない会社の新規開拓と既存顧客を担当していました。

3年目は同じ感じっすね。

 

 

ー成績としてはどんな感じだったの?

月に1300万ですね。同期の中で1位、全体で2、3位の売上を上げていました!

 

 

ーおお!同期でトップセールス!どうやったの?

運ですかね(笑)実際に大きいお客さんも任せてもらってたし、自分がトップだ!なんて思ったことはないです。まぁ意識していたのは、お客さんのためと、ユーザーのためを考えなければならないので、顧客満足度を上げることと、求職者目線で考えることを常にしていました。後は、行動量を担保すること。暇な時間に電話するとか行動を止めないこと。

思考停止している時間を作らないこと、ですね。正直でいること。即レスすることも大切です。

 

 

ー特に気をつけていたことは?

頭を使うことを特に意識してきた。通り一遍等なことを言っているんだったら、

僕と可愛い子が言っているのとでは可愛い子が言ったほうが絶対に良いと気づいて、俺の持ち味はそこじゃないなって気づきました。

 

 

ー具体的には何をどう考えるの?

テレアポの際に「御社の競合他社の情報を持っているんですけど」みたいなことを言ってみたり、リストアップをして、この会社にはどういう電話をしたら反応するだろうか?みたいなことをトライアンドエラーしていました。

あとは、アポの時に、人としてわかってもらったほうが関係性を作っていけると思って自己紹介シートを資料として挟んだりと、地道な活動をしていくと、声がかかるようになりました。後は、こまめなフォローは意識していました。商談準備をちゃんとしていました。

当たり前のことを当たり前に、丁寧にしていくことで、きちんと商談のテーブルに着いてから話せるということがわかってきました。

自分なりに、どうやったらうまく行ったのか、うまくいかなかったのかをノウハウとして貯めていきました。

 

DSKに話を聞いてみると、砕けた文体の割に、意外と真面目に働いていてびっくりしましたね笑

さて、part2では、大手企業で働く楽しさについて掘り下げて聞いてみようと思います。

by
早稲田大学大学院卒の27歳。 Tokyo XR Startups、レオス・キャピタルワークスにおけるインターンを経て、早稲田起業家養成講座に触発されDARSと共にQ-SHOCKを開始。現在は、for Startups, Inc.でヒューマンキャピタリストとしても活躍中。趣味は読書とカフェ巡り。ビールが大好き。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です