バカでもわかる20代 × 仕事のメディア

バカな求職者にならないための情報収集術

Q-SHOCKをご覧の皆さんこんにちは、タカタタンです。

本日はタイトルの通り、情報収集術について書かせていただきます。

バカという言葉にも色々な意味があります。

Wikipediaにて調べてみますと

馬鹿(ばか)とは、
愚かなこと。
社会の常識に欠けていること(「専門馬鹿」「役者馬鹿」「親馬鹿」などと用いる)。
知能が劣り愚かなこと。
つまらないこと。無益なこと。
役に立たないこと。機能を果たさないこと。
理解力・判断力・知識などが人と比べて劣っていること。

引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%B9%BF

とあります。

色々と定義がありますが、今回は知らないと恥ずかしい業界知識の調べ方について
記事を書こうと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

新聞、TV、ニュースアプリを見る

まずベーシックな情報収集の仕方としては、この3つが挙げられます。
新聞の中でも、日本経済新聞は1番権威のある新聞として認識されているので、ビジネスマンの方は話題を合わせるためにも、背伸びをしてでも読まれることをオススメします。テレビのニュースは最新情報についてキャッチアップをするために非常に有効な手段です。ただ、デメリットとしては、面白おかしく見せるために、編集が入っていることが多いということです。ここでのポイントとしては、情報を鵜呑みにするのではなく、テレビで見た情報をwebで調べ直して、より正確な情報を得ようとする姿勢が必要だということです。最後にニュースアプリです。新聞やテレビと比較して、電車の中の移動時間中に見ることができるということもあり、忙しい方にはオススメです。メリットとしては、例えば、ニュースピックスなどでは、1つのニュースに対して、様々な識者が意見を寄せているので、ニュースの解釈の仕方を学ぶことができるということです。ただ、これも鵜呑みにするのではなく、自分なりの意見を持つことが大切になります。

 

読書をする

情報収集の王道、ザ・読書です。
例えば、世の中には様々なビジネス本があります。『営業がうまくいくためには、たった○つの▲をしろ』的な本です。ここで大切なのは、ビジネス本やノウハウ本は、書いてある知識を吸収している時点で快楽が発生してしまうので、実行まで至らない可能性が高いこと。そして、実行まで至らないと、ビジネス本はそこまで意味がないということです。
情報を仕入れるための読書でしたら、例えば、ビットコインについて知りたければ、まとめサイトを見るよりも、ビットコインについて書かれた本を一冊読むことをお勧めします。それは、まとめサイトを書いている人は、書いた情報に対して、責任が発生しづらく、さらに1つ1つの情報が散分しがちですが、本を書く場合、著者は書く情報について、正確に書く責任があるので、より正確なことが多いですし、一個一個の情報が体系的にまとまっているので、より理解しやすいというメリットがあります。是非、ネットを叩いてもよくわからない場合は、図書館か、書店に行かれることをお勧めします。

 

ブログ&Twitterをチェックする

意見が好きな人のフォロワーになる。という方法もあります。
特にITのベンチャーに就職したい場合だと、最新情報をキャッチアップしておくことが非常に大事です。以前、そういう意見を書きました。
タカタタンが個人的に好きなアカウントを3つずつ紹介します。

・おすすめブログ

インターネット界隈の事を調べるお
http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/
イケてるITベンチャーの情報がまとまっているサイトです。おすすめ。

metaps佐藤社長のブログ
http://katsuaki.co/
佐藤さんの頭の中を垣間見ることができるブログ。基本的に、かなり頭を使って読む必要がありますがためになる記事多しです。

ウォンテッドリー 仲さんのブログ
スタートアップの経営者目線のブログです。将来起業したい方は必見です。
https://www.wantedly.com/users/8558/blogs

・おすすめTwitterアカウント

けんすうさん
https://twitter.com/kensuu
2009年からnanapiというハウツーサイトをリリースして2014年にKDDIにM&Aされた猛者です。最新のIT事情に対するけんすうさんらしい意見が面白いです。

瀧本哲史bot

元々はマッキンゼーにいて、そこから京都大学客員准教授(イノベーションマネジメントサイエンス研究部門・起業論) 全日本ディベート連盟代表理事 全国教室ディベート連盟常任理事という経歴があります。一言で表すと、クレバー。

ちきりん
https://twitter.com/InsideCHIKIRIN
言わずと知れたちきりんさんですが、本当に勉強になる投稿が多いです。

 

人に会う

なお、知らない業界について、見識を深めたければ、その道で働いている人に会いにいくのが一番早い。
どこで人と会えばいいのかわからないという人もいますが、どこでも会えます。
企業が開く勉強会もあるので、そう言ったところに乗り込むと、だいたい、会の最後には、懇親会があるので、名刺を配りまくって仲良くなってください。そして、「後日お話聞かせてください!」と言って悪い気がする人はいないはずなので、そこでお話をして、オススメのTwitterのアカウントや本などを聞くことをお勧めします。

今日からできる方法ばかりなので、是非とも今日から試してみてくださいね♪

by

教育系のベンチャー企業にて2年間営業を経験。趣味は読書と散歩です。お酒が大好き。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です