バカでもわかる20代 × 仕事のメディア

Q-SHOCKが選ぶ驚きのホワイト企業3選

みなさんこんばんは。タカタタンです。
今や脱ブラック企業という流れが出てきている昨今ですが

逆に、就業時間が短いにもかかわらず、業績を伸ばしている会社がいくつもあります。
俗に、ホワイト企業と言われる企業です。

実際にどのような会社があるのか、今回の記事ではご紹介しようと思います。

START TODAY

ZOZOTOWNで有名なSTART TODAYは
人間、本当に集中して仕事をできるのはせいぜい3~4時間程度じゃないのか?という考え方のもと
1日6時間労働制度を導入しています。

ろくじろうとは「6時間労働制」というスタートトゥデイ独自の取り組みです。8時間労働が当たり前という常識を見直し、働きすぎな日本人に新しい働き方を提案することを目的に実施しています。 ただ「6時間で帰宅していい」ということではなく、短い時間でも生産性を落とさず効率よく自事(シゴト)をすることが必要とされます。チーム全員が6時間でシゴトを終えることができればみんなで15:00に帰宅し、終わらない人がいた場合は全員で助け合ってシゴトを終わらせてから帰宅しています。

会議のための資料も作らず、口頭でプレゼンをすることを求めるという
資料作成の時間を削減でき、プレゼン能力を磨くこともできるということです。

引用: https://www.starttoday.jp/recruit/welfare/

福音館書店

初任給というとみなさんはどれくらいのものを想定されますか?
新卒が初任給で40万円ももらえると言われる出版社があります。
それが、福音館書店です。

ただ、難しい点として、就職活動を実際にした方の記録に

そしてこの福音館書店。
宝くじのような倍率でも有名である。

とありますように、とても就職の際の倍率が高いみたいです。
就業時間が短いことも非常に魅力的ですが、お給料も魅力的ですよね。

引用 :http://mokabuu.com/diary/job_hunting/%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E9%A4%A8%E6%9B%B8%E5%BA%97%E3%81%AE%E9%9D%A2%E6%8E%A5%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%80%82

未来工業

ぜひ、会社のHPを見てみていただきたい。

「社員への考え方」という採用メッセージを見て見ると以下のようなメッセージが出てきます。

 当社は、社員の「やる木」を育てることを経営の柱にしています。

一日の大半を過ごす会社で、何から何までがんじがらめでは、社員はそんな会社のために努力しようという気が起きてくるはずもありません。

そのため、当社は、外せる制約はできるだけ外そうと考えています。

具体的には、作業服は自由にしました。1日の労働時間は7時間15分、年間休日日数は約140日という日本有数の休みが多い会社です。

ところで、個人の能力はまちまちです。個々人の能力に差があるのは仕方ないことですが、各々が持っている能力を100%発揮して、皆が力を合わせていくことが大切だと考えています。

また、社員はプラス思考をすることが大切だと考えています。経験則もないのに「もしも?・・・」というマイナス思考は禁句です。先ず、実行し、その先で万一問題点が発生した時にはその改善をする考え方が、会社発展の基本線です。

そして、何よりも、社員の自主性を尊重します。

総務部長 吉澤信幸

縛るのではなく、自由にして、のびのびと育てる。社員の自主性を重んじていることが見て取れます。
実際に、営業のノルマ禁止、年間休暇140日、育児休暇3年、社員の平均給料が600万円などなど羨ましくなる制度が
目白押しである。
未来工業の特徴に関して、未来工業の現代表取締役の山田雅裕さんに対してインタビューをした時の記事を見ると、

ただ「ホウレンソウ」というキャンペーンを禁止しているだけです。あれって「ホウレンソウを通して、我々の会社を風通しの良い会社にしましょう」という会社からの押しつけじゃないですか。それをしないだけです。命令されてやる気になる社員なんていませんから。自発的に仕事の意味を理解してくれる、そういうパワーが会社に欲しいのです。だんだんモチベーションが下がっていく環境にしたくないんですよ。

というように、世に出ている情報の全てが本当なわけではないらしいですw

会社HP: http://www.mirai.co.jp/recruit/index.html

引用: https://www.manetama.jp/report/mirai-kogyo1/

 

以上いかがでしたでしょうか。

様々な企業がありますが、

このように、生産効率を落とさず、なおかつ労働時間も短い企業が今後も増えていくといいですね!

by

教育系のベンチャー企業にて2年間営業を経験。趣味は読書と散歩です。お酒が大好き。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です