楽しく働く人を応援するメディア

最低でも3年説は本当!?徹底分析

こんにちは!DSKです!みなさん、突然ですが、こんな言葉聞いたことありませんか?

 

 

「とりあえず三年は会社続けないとね!」「三年やってやっと仕事の一連を覚えられるんだよ」

このように言う大人ってたくさんいますよね。石の上にも三年という言葉がありますが、この言葉は果たしてどのくらい信用してもいいものなのか。。厚労省の調査によると大卒就職者の3割は3年以内に会社を辞めていて、社会問題としても注目を集めている問題に筆者独自の視点で書いていきたいと思います。

三年以内にやめると転職は不利になる!?

世の中には「未経験歓迎!」とされている求人がたくさんあります。ですから仕事がなくて困ることは特にないでしょう。ポジティブに考えると、早めに退職をしているからこそ異業種異職種への挑戦がしやすくなります。世の中では今第二新卒という言葉もあるくらい、3年以内で退職した方達にもたくさんのチャンスがあるのです。

・第二新卒とは

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

新卒者が就職後、数年で離職する割合は年々増加傾向にあります。厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。不況下で採用数が減少していたり、早期・短期化の就職活動の中で自分に合った就職先に就くことが容易でないことが一因にあげられています。

出典:https://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html少し疑問が湧いてきますよね。

つまりこの記事を「自分のことだ!」と思ってここまで読み進めている方全員です。(ちょっと何言ってるのかわからない)

少し話がそれましたが、ここで言いたいことは、3年以内に辞めたからと言って自分を卑下せずに再チャレンジの気持ちで転職活動をすれば良いわけです。困ったら第二新卒とググればたくさんサービスもあります。

すごい人って3年続けてるの?

同じ会社に3年もいれば後輩もできてきて、仕事にも慣れ、マネジメントをする機会も出てきて仕事が楽しくなってくる。このような科学的根拠のない理由から「とりあえず三年」って言われてきてますが、あながち間違ってはいないと筆者は思います。実際に筆者も3年目の終了段階で上場企業を退職しましたが、3年目で担ったミッションはとても大きく、仕事としても成長度合いでも最も充実したのが3年目でした。しかし、「世の中の成功者と呼ばれている人たちは1社目を3年間本当に続けているのか?」疑問に思ったので調べてみました。

◎藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役)

→ 1社目(インテリジェンス 現:パーソルキャリア)入社後1年経たずで創業

◎前澤友作(株式会社スタートトゥデイ代表取締役)

→23歳にて創業。サラリーマン経験の記述はなし。

◎三木谷浩史(楽天株式会社代表取締役)

→7年間、日本興業銀行(現みずほ銀行)でサラリーマンの経験あり。

誰もが知っているような今絶好調の社長さんばかりでほんの一部の方々しかピックアップできていませんが、社会人を3年やらないと幸せになれないと言うことは特になさそうですね(雑)

まとめ

結局3年続けても続けなくても、そのあとのことは自分次第と言うことが今回の検証でわかりました。明確な自分の意思を一番にすることが大切そうです。実際に求人募集をしている企業でも3年以上の経験がないと、すぐに会社をやめる人とレッテルを貼ったりもします。でもそんなのばかり気にしているのも勿体無いなと筆者は思います。また、余談ですが、今回の記事を機に創業者や社長のプロフィールから何かを分析していくのも面白いのではないかと思います。それではまた。

by
大手人材会社で3年間、法人営業経験。人材業界っぽくない人材とよく言われます。趣味はネットサーフィン・お酒・プロ野球観戦です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles