楽しく働く人を応援するメディア

個人の時代と叫ばれる今の世の中において、組織で働く強みとは

Q-SHOCKをご覧になられている皆さん、こんにちは。タカタタンです。

20代半ばの方と話している中で、「ゆくゆくはフリーランスで働きたい」などという意見が非常に多く感じられたので、調べて見ると、日本における広義のフリーランス数が推計1,122万人に達するという結果が見れました。

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp.lancers.jp/lancers-corporate/wp-content/uploads/2017/03/NewsRelease_%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%BA_%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%AE%9F%E6%85%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB2017-1.pdf

確かにノマドワークなど、時間や場所に縛られない働き方は非常に魅力的ですよね。しかし、逆に組織で働くことにはどのような意味合いがあるのだろうか?と思いました。タカタタンが自身の経験も含めて、お話しさせてただきます。

・1人では成し遂げられない大きな仕事ができる

充実感という意味では1人で、自分の成し遂げた分だけお金をもらえるフリーランスはやりがいを感じられることでしょう。しかし、フリーでやるのと、一人で仕事をするのとでは、まず、動かせる経済規模が違います。例えば、フリーランスでHP作成をしている会社の年商が600万円だとして、大手ベンチャー企業のサイバーエージェントのインターネット広告事業の4半期の決算を見ると510億円もの売上です。数字だけ見て、いい仕事かどうかということはわかりませんが、社会に付加価値を創造した見返りとして売上が大きく立っているということは、中で働いている社員の方々にとって、非常に大きなやりがいになるかと思います。
出典:http://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/xOcR/avyq/SBXK.pdf

・仕事をする中で仲間ができる


皆さんは、学生時代、体育祭や文化祭に取り組まれたことはありますでしょうか。同じ空間に長いこと一緒にいることで、
共に課題を攻略する中で、ラポールが形成されていきます。ラポールとはどういう意味でしょうか。ことバンクによると

・もともとは心理学の用語で、セラピストとクライアントとの間の、互いに信頼し合い、安心して感情の交流を行うことができる関係が成立している、心的融和状態を表す。
・核家族化や少子化により、成長過程において様々な人との交流が少ない昨今では、他者とのコミュニケーションを苦手とする人が増えており、コミュニケーションの土台となる「相互に信頼している状態」が注目され、広く一般的に「ラポール」という
言葉が引用されるようになってきている。
・ラポールはどのような人間関係においても必要とされる、意思疎通をはかるための土台といえる。

出典:https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB-147716

とあります。

皆さんの中にも、中学高校のご友人との交流が今でも続かれている方がいるかと思いますが、同じことを長期間一緒にやったという経験は変えがたいものになります。企業で働くと、否が応でも共同作業が必須になってくるので、ラポールも形成しやすいのです。

※例題に挙げたサイバーエージェントは社内恋愛が頻繁に行われていることでも有名です。

・成長できる


よく、若者に聞くと、大きな企業は安定をしているから成長できない、といったような意見がありますが。果たして本当でしょうか。確かに小さなベンチャー企業やフリーランスにて、大きな裁量を任されることで、伸びる力もあるかと思いますが、大きな企業で働くことで、伸びる力もあります。

・人をまとめるマネジメント力
・ビジネスマナー、礼節
・基礎的なビジネススキル
・信頼

などですね。フリーランスをしていくにあたっても上記のスキルセットは重要になります。フリーランスは人間関係のしがらみがないだけに、自由に仕事をすることができますが、体系立った学習システムがないことがあります。逆に、組織に属すると、マネジメントや基本的なビジネスマナー、業界に特有のビジネススキルを身につけることができます。
特に大きく違うのは、信頼を作るのが容易だということでしょうか。仕事がかったるいから、と言って、数ヶ月で会社を辞めてしまう人生もありですが、例えば、「サイバーエージェント社で広告の運用を3年間やっていました」というのと、「1年で辞めました」では、全く、信頼が違います。フリーランスをする中で、仕事で信頼をつけるのも1つの道ですが、どこかの組織で、一定期間頑張ったということは十分に信頼に値するのです。

とは言ってもフリーランスも楽しいので、ぜひ、迷われた際に、参考にしていただければ幸いです。

by
教育系のベンチャー企業にて2年間営業を経験。趣味は読書と散歩です。お酒が大好き。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です