バカでもわかる20代 × 仕事のメディア

仕事ができる人が、約束を守る理由

こんにちは!
フリーでキャリア支援をしているタカタンタンです!

最近、仕事柄、様々な職場の人たちとお話しする機会があるのですが、
できる人にはできる人に共通することがあります。
それは、小さな約束でも守るということです。

誰でも知っていることですが、実際に守れている方は少ないものです。

だから今回は、みなさんに再認識してもらうために、
・なぜ、約束を守ることが大事なのか
・約束を守る練習の仕方

という2点をお伝えしていきますので、楽しみながら読んでいっていただければ幸いです。

・なぜ、約束を守ることが大事なのか

「約束を守りましょう」

皆さんが小学生の頃から、約束を守ることの重要性は解かれています。
しかし、これが、なぜ大切なのか、考えたことはありますでしょうか。

結論から言うと、人と何かしらの行動を共にするため、となります。
人と何かを成し遂げようとしたときに、約束を守らないことがあると
周りの方を困らせてしまうため、約束を守ることが大切になります。

例えば、橋の建設の現場で、一人が図面を書く納期を遅らせてしまうとどうなるでしょうか。
図面がないと、図面に合わせて、柱などの素材を加工することができません。
柱などが何ので、設計のしようがありません。

では、一人の人間が図面を書く納期を遅らせてしまったことにより
本来、運送業者の方がその橋を渡ることによって、納期通りに運送ができたものも
間に合わなくなるかもしれません。

つまり、約束を守れないの連鎖が起こるのです。
だからこそ、企業で働く上で、約束を守ることは非常に重要となります。

 

・約束を守る練習

今日は、現実に行動をするところまでやる人になるためのコツを1つお伝えします。

付け焼き刃でできることではないことなので現実で実践する中で体得していっていただければと思います。

納期に間に合わせること
これはすべてのビジネスマンにとって必要な能力となります。
しかし、約束は、もっと身近なものを守ることが大切なのです。

しかし、簡単なことでも守れている人は少ない現状がないでしょうか。
例えば、商談の後、「また飲みに行きましょう!」と言っている人がいますが、実際に行く人は僅かです。

行かない方は、仕事ができないことが多いです。
それは、自分の言ったことすら守れていないからです。

「え、そんな細かいこと…」
と思われるかもしれませんが、自分が相手と約束したことには変わりません。
また、自分にとっては細かいことでも、相手にとっては大切な約束だったということは多いです。

小さい約束でも守ることが大切なのです。
そのためには、例えば
・飲みの約束をして、終わらせる。
・飲み会の終わる時間を決めて、終わらせる。
・朝起きる時間を決めて、起きる。

まとめると、
“何にどれくらいの時間をかけるか計算し、実際に終わらせる”
という練習をすることで、約束を守る癖をつけることができるのです。

大事なのは、自分で設定した約束を守る練習をするということなのです。
いきなり高いハードルを設けるのではなく、できることをひたすら繰り返すことが大切です。

約束を守る行動をすることで、人からの信頼を勝ち取ることができるようになります。
信用は約束を守った回数で積み重なっていきます。

by

教育系のベンチャー企業にて2年間営業を経験。趣味は読書と散歩です。お酒が大好き。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です